チップとデール的

現在裏庭にうさぎとシマリスが来てぷらぷらしてます、

か わ い い な あ

シマリスが若干アメリカンサイズ気味なのもいい。
裏庭界にもジャンクフード的なものがあるのだろうか、おもしろい。

シマリスを「リス」にあたるSquirrelで呼ぶと、
「違う、あれはChipmunkであってSquirrelではない」
と言われます。

大きいしっぽのリスと、シマリス、
ではないらしいです。

グリーンカードが届きました。

グリーンだグリーンだとは聞いてましたが、どの位の緑度かというと
例えるなら、うちのベッドシーツのグリーン度くらいでした。

ってわからんがな。
がっつり緑ではなかったです、さわやかうす青緑くらい。

昨年の4月に申請しビザ取得までに10ヶ月程、
入国してグリーンカードが届くまでに3ヶ月程。

なんだか過ぎてしまえば他人様事の様ですが、
一年以上経っていたのか。いつの間にか。

時は流れる。

庭にメープルの木がありまして、
少し前になりますが
”ヘリコプター”とみんな呼んでる種を大量にばらまきました。
クルクル回りながら飛行距離をかぜぎます。
すごい造りをした植物があるもんだ。

芽を出しはじめたりしたところを引っこ抜いたり芝刈り機で阻止します。
今日は家の雨どいのところに溜まってるメープルの種を、屋根でちょいちょいつまんでるリスがいました。どうぞ、どんどん食べてください。

PIC magazine #10にいきなり登場、ブルーミントン写真部。

オニマガ社長率いるPIC magazine写真部にブルーミントン支部が登場!

先日のブルーミントン写真部の模様はこちら

第一回目はKirkwood Avenue、の一部でした。

東京みたいに小さなところにいろんな町がギュッと詰まってるのとはちょっと違うのですよね。

同じ町の中のさまざまな通りで開催、てな形になるやら、
ちょっと車で遠出しちゃう開催、てな形になるやら、

こちらは次回は6月終わり位でしょうか、
ミラクル開催できればうれしいです。

東京写真部の皆さま
名古屋写真部の皆さま
よろしければご出張お待ちしておりますー

プレッシャークッカー

圧力鍋。

重い責任を背負いつつ調理する料理人とかではありません。

image
うむ、取っ手がない、どうしたどうした。

image
ということで怪しい鍋の底を探ると発見。

image
どれだけD.I.Y.なんだ、アメリカ。

しかし梱包も小さくて済むし、取っ手がグラグラするわよ!なんてクレームもないだろうし、かしこい。

イケアの家具組み立て祭りの時に購入した必殺ミニドリルでちょちょいとくっつけまして、
image
お、見たことある感じになりました。

Function Brewing

ブルーミントンにはいくつかマイクロブルワリーレストランがあります。
その中でもコートハウスそば、ダウンタウンの真ん中にこちら。

FUNCTION BREWING
ファンクションブルーイング

image

image

たくさんの種類のビールをレストランのすぐ隣で作っております。
常時20種類近く出てるのではないかと。すごい!

image

米どころ日本でいう造り酒屋てきなものなんでしょうか、マイクロブルワリー。

米どころ。アメリカなのか日本なのかジワジワわからなくなってくる言葉ですね。わかるけど。

お料理もぜんぶ美味しい!
f(sandwich, hot) のSmokehouse、なんて読むか分からないですが、ホットサンド。image

image

Fig-Onion Jam、イチジクと玉ねぎのあたたかいジャムとゴートチーズをカリカリパンにのっけて食べるのも美味しかったです。ハイカラ。

満腹満足でした。

いつかビール全種類制覇を目指したいものです。

写真部 picture club

私長い事PICマガジン東京写真部に参加しておりましたが、
この度アメリカはインディアナ州ブルーミントンに引越してきてしまったわけです。

しかし、ほぼ皆勤賞だったしせっかくなら何らかの形で参加できたらなぁ、ぽわわわーん。。

と思っておりまして、
オニマガ社長に聞いたら「それ面白いじゃない!」との事で、

ブルーミントン写真部!行ってまいりました。
image

記念すべき手探りでの第一回目「Kirkwood Ave」
カークウッドアベニュー、ブルーミントンのダウンタウンを東西に走るメイン通りです。

今回なんと18時スタート、こちらは20時になってもまだまだ外が明るいのです。
image

先日お伝えしたUEL ZING COFFEEで待ち合わせて賑やかな方向に向かおうかと思っておりましたが、お店のオープン時間が9AM-2PM。すでにしまっておりました。
image

付近集合。全員がカメラを構えるおなじみの光景。
image

image

強い西日の中道端でパシャパシャとります。
image

image

ここで通りすがりのMike Adamsat His Honest Weightのマイクアダムスが登場。もちろん全員から狙われます。
image

image

息子を逆さまにしたりして去ってゆきました。
image

道端にアメリカンサイズで木の枝が落下してます。
image

道端のベンチで休んだり、
image

チェーンを見つけては「ヌンチャクだ!」と持っていこうとするのを宥められたり、
image

ダウンタウンにあるマイクロブルワリーを横目で見つつ通りすぎ、
image

街の中心にあるCourthouseまで来たところで、急激に温度が下がってきて耐えられずナントここで終了。
image

もう少し行く予定でしたが、寒すぎました。
image

UEL ZING付近まで戻りましょう。
image

ニットをまとった木、アートな街です。
image

西日がさらに強まっていきます。
image

まだまだ撮影する方々。
image
image

またブルーミントン写真部お送りしたい次第です。

BMV

Bureau of Motor Vehicles
ビューロー オブ モータービークル、陸運局でしょうか。

インディアナ州の運転免許。

早速次の日もう一回パソコンでの筆記試験的なものを受け無事合格、
本日実技試験を受けて合格してまいりました、おめでとう自分。

縦列駐車テストがあると聞いて少々びびってましたが、
試験官の方がバック駐車を選んでくださったようで、
それならバック駐車があたりまえの日本人にはお手の物、という事で無事終了。やったぜ。