カテゴリー別アーカイブ: PHOTOS

ブルーミントン写真部第五回 The fifth Bloomington Picture Club

ブルーミントン写真部第五回。今回は 2017 Monroe County Fair モンローカウンティフェアへ突入。夏祭り的な。

だだっ広い何もない所に車を並べて停めていくシステム。ワイルド。


にぎやかな方へ向かいます。

見えてきました……BEEFだと?


何かにおうぞ。

突入準備

 ドンドンドーン、牛牛牛。なんだかおめでたい気分。

ということで、ここは牛舎でした。2ケツを狙う人。

 素早いモーションで狙う人。

 クモのおもちゃのいたずら。たぶん右の男の子がテグスで操ってる犯人。表情が物語っております。

牛ってでかいんだなあ。あとかわいいなあ。いつも美味しくお世話になってます、ありがとうございます。

 牛用巨大扇風機。

 みんな恐れることなくナデナデしてます。私は勇気がなかったぜ。

 牛を見つめる人。

 たくさんアメリカンな屋台が出てます。

羊舎は準備中か何か。ざんねん。

 アメリカンな屋台の屋根。パステルカラフル。

トレーラー屋台のサイドにはワイルドなスカルヘッド。

 山羊舎に突入!

 ローアングルから狙う人。

 山羊座なので勝手ながら親近感がわきます。

 こんにちは。

たくさんおりました。

 でっかいアメリカ国旗を掲げるためにクレーン車を使用する図。

お知り合いとバッタリ。BBQトレーラーで参加中の模様。

 買い食い開始。ちょっと浮かれたショットを撮るお二人を狙う図。

 ポーリッシュソーセージというもの。ホットドックみたい。おいしかったです。

 バンドなんかも演奏しちゃったり。

Elephant Earsエレファントイアー。象の耳のように平べったいでっかい、シナモンシュガーのかかった甘い食べ物、のカウンターなのですが閉まっておりました、ざんねん。

 でっかい屋内、企業ブースのコーナー。ローカル企業とかソーシャルサービスやらいろいろ。ぐるっとひとまわり。

 「オレ今度立候補するからよろしくね」的なグループもおりました。工務店っぽいブースで配ってた36インチ定規を持っている我々。

 実は、この日はまだフェアのメインイベントともいうべき乗り物たちが来ておりませんでした。見たかった。撮りたかった。

 右の芝生一帯が、ギラギラの電飾の観覧車やらコースターやら、ゲームやらでいっぱいになる予定地。

 長い棒持ったらみんな遊びたくなる図。

 買い食いタイム。なんとオレオフライ。Deep Fried OREO。

見た目シイタケの天ぷらのようです。おいしかったです。

 今回の私的メインイベント、Pork Tenderloin Sandwichポークテンダーロインサンドイッチを食べる瞬間がやってまいりました!はみ出し方が大胆です。

 せっかくなので測ってみました、約7インチ。約18センチ。

 狙いがいがあります。フォトジェニックです。スーパー美味しかったです。

ウサギ舎へ。どうしよう、みんなすごくカワイイ。

 ちょっとまるいタイプ。かわいいすぎる。

 日本でいうところの雪うさぎタイプ。かわいいすぎる。

 ピーターラビットタイプ。かわいすぎる。

 仲良く餌を食べる穏やかタイプ。かわいいすぎる。

ワクワクが止まらず、うさぎを撮りまくってしまいました。

 おちつけ、と言わんばかりのにわとり舎にて。立派な鶏がたくさんおりました。

 ベンチの謎の写真を狙う人。

てな感じで、今回はハウスメイトメンバーでお届けしました。この時点ですでに夜8時を回っておりますが、まだまだ明るいです。

友達のライブにギリギリ間に合いそうだったので急いで会場へ。IPAで乾杯にて終了。

ブルーミントン写真部第四回 The fourth Bloomington Picture Club

ブルーミントン写真部第四回目の模様をお届けいたします。

この週は、Little 500 リトルファイブハンドレッドという自転車レースが開催され、カレッジキッズたちのお祭り騒ぎの残り香が街に散乱してるのではないか、というのを狙い写真部を催行。

この映画を見ると、レースの事やブルーミントンの事がちょっとわかるかも。ホームアローンの泥棒の人が出てたりします。ちなみに洋題は Breaking Away、邦題と全く違います。


集合は皆さんおなじみ Court Houseコートハウス。いい天気。


アンプラグドなヒーターとおしゃれハットが無造作に置かれています。


本日のメンバー集合、出発いたします。今回グラサン率が高く、みなさんちょっぴり刑事風味。


とげとげボールの実。


Function Brewing の前を通ります。


路地裏のグラフィティを狙う人々。


図書館裏のベンチで休憩中の Drekka のマイク発見、記念撮影パシャリ。


チラシやポスターが貼られ剥がされしたであろう電柱を狙ったりして、

先へ進みます。


道端に卓球のラケットが落ちてたり、

すごいレベルの路駐だったり、

ステキな建物を通り過ぎ、

 通りの反対から自転車ショップを狙ったり、

 置いていかれようがお構いなしだったり。

 突如、謎の作品たちが展示されるエリアが出現、

こころなしか現場検証風、

完全に張込みか尾行か何か。

 靴デザインのすべり台の作品もエンジョイします。

 いくらで提供してるかお知らせしないガソリンスタンド、

水を買ったりなんだりでちょっと休憩。アメリカはガソリンスタンドとコンビニがセットです。

 捜査会議風にちょっと休憩し、

先へ向かいます。

 これ!以前もお伝えしたことがある Poison Ivy ポイズンアイビー。街中に結構自然な感じで生えてたりします。葉っぱが3枚組だと要注意。

学生時代住んでいたことのある家を訪れてみたり、

 こちらも。クリスマスリースとスノーマンの置物がまだ置いてあります。もしくは季節を先取りしてます。

こっちの方角に行こうぜ、

 インディアナ大学のキャンパスに向かいます。カフェテリアのテラスがシャレオツです。

ちょっと城っぽい。

 中へ、

 最上階を目指しましたが成功ならず、

建物を後にし、次へ向かいます。

 キャンパス内をうろうろ、

不思議な一角を発見、吸い込まれるようにゲートに近づいていきます。

が、ただ区切られているだけで全く使用用途がわかりません。なぜアーチ型のゲートを作ったのでしょう。

 検証中。

リス!今回はもう少し見えてかわいさ増し!

休憩その2。いい天気で緑もキレイな季節で散歩日和。

 キャンパスを後にします、

 「おーっと、これは誰かがクビになるかもしれないぜ」赤と白の球根に黄色が混じってしまってトラブル発生の図。

 こちらもおなじみ Kirkwood Ave. カークウッドアベニュー。


先に紹介いたしました映画に出てくる自転車チーム、 CUTTERS のTシャツを横目に、

 人気のローカルアイスクリーム屋さんへと引き寄せられていく我々、

アイスクリームフィニッシュ。スプーンを握りしめる顔が本気。

ワッフルコーン派、一名。

 シナモンとカルダモンとチョコレートの「3C」なるアイスクリームと迷いましたが、コーヒーが飲みたかったのでコーヒー味。

よさげなカメラを持っていた通りすがりの方に集合写真をお願いして終了。

という事で、お気づきの方も多くおられるでしょうが、学生が多く住むエリアを徘徊してみましたが、残り香なし。しかしいい天気で絶好の写真部日和でした。

旅の切り取り

12月終わりから2月半ばの模様をお届け。

フランスの街角、Gambetta駅前。ガンベッタ。滞在先はair bnbで。隣の部屋の年越パーティーがスーパーうるさくてびっくりして起きる。


ローマのどっかの食堂。パスタがもちもちでシンプルで、ピザもサクッとシンプルで、スペシャルでなはないけどおいしくて、なんだかうれしかった、これがイタリアンかと。

今回は一週間のJapan Rail PassでJRを乗りまくりました。しかし残念ながら2017年4月以降、日本のパスポートを持ってる方は海外居住者であっても適用外になってしまうそうで、最初で最後のジャパンレイルパス。


名古屋滞在、オニマガ家と共に初お伊勢参り。JR快速みえ利用。下りたそばから外宮前参道で食べまくり。外宮は神様のご飯の神様が祀られているという事で、良しとする。


せっかく撮ってるのに寄ってくる人。岡山駅には岡本太郎さんの壁がありました。渋谷駅の作品みたいに大きくないけど、タイルで豪華。カラフルでポップ。


ジェーさんが初めての来日で訪れたという思い出の岩国。残念ながら錦帯橋を渡った先のロープウェイが点検休業中。私は橋中程のポケストップに初めて自分のサンダースを置いた。


宮島フェリーで厳島へ。まずカキオコを食し、もみじ饅頭を買い食いし、宮島珈琲で休憩。厳島神社では干潮だったので鳥居のふもとまで歩く。靴はちょっと汚れてしまった。


朝から錦帯橋と厳島とまわってきて、資料館の時間には間に合わなかったけど、原爆ドームと夕日を見る。


大阪駅から通天閣まで歩く。商店街に迷い込み、おばちゃんに勧められるがままマグロカツを買い食い。夜はshe border pictureのユウちゃんとシンヤくんとしこたま飲んでカラオケ突入。


京都でローレンスと久々の再会。アラビカコーヒー美味しかった。そして気になっていた随求堂の胎内めぐりへ。目をつぶっても開けても暗闇。生まれ変われたかな。


お昼ご飯で途中下車、神戸の中華街、南京町で買い食いしまくる。ゴマ団子も、豚の角煮まんも、白湯麺も、全部おいしかった。という事で、胃のキャパ更新。

福岡。まず豚骨ラーメン長浜屋。次の日は明太子食べ放題ランチの博多もつ鍋やまや。前夜前を通って気になっていた商店街中ほどのゲストハウスのバーでインターナショナルな夜を過ごす。


沖縄、初めて久高島へ。レンタサイクルに乗りながら肩越しに狙い、ピンボケのジェーさんとちえみジョーンズさん。帰りの高速船で大揺れに揺れて乗客の女性の方が宙を舞う事件。


東京、はいろいろありすぎて収まらんですが、確かに居りました。神宮前交差点を渡る人。


バルセロナ。Ryo Hamamotoに聞いて「サグラダファミリアの東のマーケット内のラッセルクロウ的な雰囲気の愛想のない兄ちゃんのやってるバル的な」店へ。感動的に美味しかった。


ストックホルム滞在。初めて氷の上を歩く。本当に歩けるんですね。映画みたいだ。Mika Ohmori夫妻と雪の中森へ分け入り、湖畔で焚き火、ホットドックを焼く。


ニューヨーク。Ivan Ramenで、SPICY RED CHILI RAMENが運ばれてきて「これをオーダーした勇気のある者は誰だ」と。はい、私です。

おにまい

ブルーミントン写真部第三回 the third Bloomington Picture Club

秋晴れの空の下、開催されましたブルーミントン写真部第三回目。
場所はB-Line Trail、のダウンタウンをかすめるあたり。

resize0074全長は5キロほどあるようですが、真ん中らへんの面白スポットがたくさんありげな付近を攻めます。

resize0043自由に試し撮りをしながら待ちます。

resize0044皆さん揃いましたので、出発、

resize0046
さっそく自由に撮り始める人々。

resize0045
写真部でよくある撮る人撮られる人の図、アメリカでも見られます。

resize0047
煙突が見えてきました、

resize0049
昔の工場の建物がブルーミントンの市の関連施設として使われてるあたり。ナイフとフォークに囲まれた謎のどんぶりから麺と魚が飛び出している像の下で撮影する人。

resize0050
ハロウィンイベントも充実している模様。

resize0051
煙突に接近。

resize0048

resize0052
ブルーミントンは紅葉しはじめたところ。

resize0054
毎週土曜日はファーマーズマーケットなんかも開催されている、この辺りを後にします。

resize0053アンティークモールを通り過ぎます。

resize0055
なんだか花が打ち消されてます、消し方も大胆です。

resize0057
自由に撮影を続ける人々。

resize0056
綺麗な青空の下、

resize0060
自由に撮影が続きます。

resize0059
ジャイアンツハットで参加の方。

resize0061
ブルーミントンには流行りのwholefoodsはございませんが、ローカル発祥のBloomingfoodsブルーミンフーズがございます。しばし休憩。

resize0062
ローカル推し

resize0063
Itoen伊藤園のお茶を発見

resize0064
おやつにリンゴをかじる人。アメリカのリンゴは日本のと比べると小ぶりでツヤツヤしてます。

resize0065
再び歩きはじめます。謎のオブジェに遭遇。

resize0066
裏通りからCourthouse市庁舎を狙う人。

resize0067
スマイルで通り過ぎ、

resize0068

resize0069
引き続き自由に撮影が続きます。
道路を渡るブルーの三角が目印の陸橋を過ぎ、

resize0070
ずんずん歩いて、

resize0071
この辺りはまだまだ緑でした、

resize0072
緑の中、ご家族と電話中

resize0073
謎の建物、

resize0075
スーパーKrogerを通り過ぎ、

resize0076
自転車で併走する娘と頑張る父を見送っていると、

resize0077
廃墟が出現。吸い寄せられるように近づいていきます。

resize0078
さっそく謎のドアへ入る人。

resize0079

resize0080
映画みたい。

resize0081
こちらも謎のドアに入る人。

resize0095
集合写真を撮ったり、

resize0082
内部を隠し撮りしたりして、

resize0085
B-Line Trailに戻りちょっと歩くと、見えてきました、

resize0086
Hopscotch Coffeeホップスコッチコーヒー。人気のコーヒーショップです。

resize0087
中もステキ。本日はJacky BoyとかMoor Houndのスティーブが働いておりました。
wifiもあるので、仕事したり勉強したり、テラス席でゆっくりおしゃぺりしたり、各々くつろいでおりました。満席。

resize0088
看板の謎の絵。

resize0089
我々は席がないので、

resize0090
道端に腰掛ける人々。Bライントレイルをジョギングしてたお知り合いと立ち話が始まったりします。

夜は第二回大統領候補ディベートを見るパーティーがある為、
こんな感じで美味しいアイスコーヒーなどを飲みながら終了。

写真部の前の既に別の会で3時間ほど歩いてきたメンバーがいた為、Uberで駐車場まで戻るという技を使いました。

本格的な紅葉まであとちょっと。真っ赤になるのが楽しみです。

ブルーミントン写真部第二回 the second Bloomington Picture Club

resize0028

第二回ブルーミントン写真部、
驚きの2名でストイックに開催してまいりました。


resize0002インディアナ大学の門、サンプルゲート前。

resize0003
キャンパス内、小川沿いを攻めます。

resize0004
見るからに散歩に最適です。

resize0005
ところどころ工事中。

resize0007
森に来た様に見えますが、大学キャンパス内。

resize0008

resize0011
魚がいるくらいキレイです。

resize0012
ストイックに攻めます。

resize0013
リス!すごくかわいい!78%くらい隠れてるけど!

resize0014
建物がでかい!

resize0016

resize0017
キャンパスな感じが続き、

resize0019
国会議事堂っぽい形の建物が登場。

resize0020
窓のデザインが素敵。

resize0022
キャンパス内のホテル。でかいです。

resize0023
こちらもキャンパス内、 小さな教会。

resize0041

resize0024
シマリス発見!

resize0025Chad Serhalチャドは小型ハンディカムで参加、接写を試す図。
ズームには強いけど接写には弱い模様。

resize0026

私はこの度カメラを新しく購入いたしました、Nikon1 J3
とうとうミラーレス一眼デビュー。早速タイマー機能を使用。

二人だと少し寂しいのでキャンパス内に所々いる銅像と。

resize0027
お腹の丸みとかネクタイの臨場感とかいろいろ素晴らしい作品。

resize0029
三角地帯。

resize0030
建物の装飾が凝ってます。

resize0042

resize0032
サンプルゲート再び。

resize0037そして、Kirkwood AvenueカークウッドアベニューのコーヒーショップSOMAへ。

resize0036暑いのでアイスコーヒーばかり飲んでしまいます。

resize0040果てしなく路駐が続く道。

という感じでまだまだ日は高いですがここで終了。
チャドはこれからバスケをしに行くそうです。

ブルーミントン、本日は日の入りが21:16との事。

PIC magazine #10にいきなり登場、ブルーミントン写真部。

オニマガ社長率いるPIC magazine写真部にブルーミントン支部が登場!

先日のブルーミントン写真部の模様はこちら

第一回目はKirkwood Avenue、の一部でした。

東京みたいに小さなところにいろんな町がギュッと詰まってるのとはちょっと違うのですよね。

同じ町の中のさまざまな通りで開催、てな形になるやら、
ちょっと車で遠出しちゃう開催、てな形になるやら、

こちらは次回は6月終わり位でしょうか、
ミラクル開催できればうれしいです。

東京写真部の皆さま
名古屋写真部の皆さま
よろしければご出張お待ちしておりますー

写真部 picture club

私長い事PICマガジン東京写真部に参加しておりましたが、
この度アメリカはインディアナ州ブルーミントンに引越してきてしまったわけです。

しかし、ほぼ皆勤賞だったしせっかくなら何らかの形で参加できたらなぁ、ぽわわわーん。。

と思っておりまして、
オニマガ社長に聞いたら「それ面白いじゃない!」との事で、

ブルーミントン写真部!行ってまいりました。
image

記念すべき手探りでの第一回目「Kirkwood Ave」
カークウッドアベニュー、ブルーミントンのダウンタウンを東西に走るメイン通りです。

今回なんと18時スタート、こちらは20時になってもまだまだ外が明るいのです。
image

先日お伝えしたUEL ZING COFFEEで待ち合わせて賑やかな方向に向かおうかと思っておりましたが、お店のオープン時間が9AM-2PM。すでにしまっておりました。
image

付近集合。全員がカメラを構えるおなじみの光景。
image

image

強い西日の中道端でパシャパシャとります。
image

image

ここで通りすがりのMike Adamsat His Honest Weightのマイクアダムスが登場。もちろん全員から狙われます。
image

image

息子を逆さまにしたりして去ってゆきました。
image

道端にアメリカンサイズで木の枝が落下してます。
image

道端のベンチで休んだり、
image

チェーンを見つけては「ヌンチャクだ!」と持っていこうとするのを宥められたり、
image

ダウンタウンにあるマイクロブルワリーを横目で見つつ通りすぎ、
image

街の中心にあるCourthouseまで来たところで、急激に温度が下がってきて耐えられずナントここで終了。
image

もう少し行く予定でしたが、寒すぎました。
image

UEL ZING付近まで戻りましょう。
image

ニットをまとった木、アートな街です。
image

西日がさらに強まっていきます。
image

まだまだ撮影する方々。
image
image

またブルーミントン写真部お送りしたい次第です。