カテゴリー別アーカイブ: MUSIC

ブルーミントン写真部第四回 The fourth Bloomington Picture Club

ブルーミントン写真部第四回目の模様をお届けいたします。

この週は、Little 500 リトルファイブハンドレッドという自転車レースが開催され、カレッジキッズたちのお祭り騒ぎの残り香が街に散乱してるのではないか、というのを狙い写真部を催行。

この映画を見ると、レースの事やブルーミントンの事がちょっとわかるかも。ホームアローンの泥棒の人が出てたりします。ちなみに洋題は Breaking Away、邦題と全く違います。


集合は皆さんおなじみ Court Houseコートハウス。いい天気。


アンプラグドなヒーターとおしゃれハットが無造作に置かれています。


本日のメンバー集合、出発いたします。今回グラサン率が高く、みなさんちょっぴり刑事風味。


とげとげボールの実。


Function Brewing の前を通ります。


路地裏のグラフィティを狙う人々。


図書館裏のベンチで休憩中の Drekka のマイク発見、記念撮影パシャリ。


チラシやポスターが貼られ剥がされしたであろう電柱を狙ったりして、

先へ進みます。


道端に卓球のラケットが落ちてたり、

すごいレベルの路駐だったり、

ステキな建物を通り過ぎ、

 通りの反対から自転車ショップを狙ったり、

 置いていかれようがお構いなしだったり。

 突如、謎の作品たちが展示されるエリアが出現、

こころなしか現場検証風、

完全に張込みか尾行か何か。

 靴デザインのすべり台の作品もエンジョイします。

 いくらで提供してるかお知らせしないガソリンスタンド、

水を買ったりなんだりでちょっと休憩。アメリカはガソリンスタンドとコンビニがセットです。

 捜査会議風にちょっと休憩し、

先へ向かいます。

 これ!以前もお伝えしたことがある Poison Ivy ポイズンアイビー。街中に結構自然な感じで生えてたりします。葉っぱが3枚組だと要注意。

学生時代住んでいたことのある家を訪れてみたり、

 こちらも。クリスマスリースとスノーマンの置物がまだ置いてあります。もしくは季節を先取りしてます。

こっちの方角に行こうぜ、

 インディアナ大学のキャンパスに向かいます。カフェテリアのテラスがシャレオツです。

ちょっと城っぽい。

 中へ、

 最上階を目指しましたが成功ならず、

建物を後にし、次へ向かいます。

 キャンパス内をうろうろ、

不思議な一角を発見、吸い込まれるようにゲートに近づいていきます。

が、ただ区切られているだけで全く使用用途がわかりません。なぜアーチ型のゲートを作ったのでしょう。

 検証中。

リス!今回はもう少し見えてかわいさ増し!

休憩その2。いい天気で緑もキレイな季節で散歩日和。

 キャンパスを後にします、

 「おーっと、これは誰かがクビになるかもしれないぜ」赤と白の球根に黄色が混じってしまってトラブル発生の図。

 こちらもおなじみ Kirkwood Ave. カークウッドアベニュー。


先に紹介いたしました映画に出てくる自転車チーム、 CUTTERS のTシャツを横目に、

 人気のローカルアイスクリーム屋さんへと引き寄せられていく我々、

アイスクリームフィニッシュ。スプーンを握りしめる顔が本気。

ワッフルコーン派、一名。

 シナモンとカルダモンとチョコレートの「3C」なるアイスクリームと迷いましたが、コーヒーが飲みたかったのでコーヒー味。

よさげなカメラを持っていた通りすがりの方に集合写真をお願いして終了。

という事で、お気づきの方も多くおられるでしょうが、学生が多く住むエリアを徘徊してみましたが、残り香なし。しかしいい天気で絶好の写真部日和でした。

ブルーミントン写真部第二回 the second Bloomington Picture Club

resize0028

第二回ブルーミントン写真部、
驚きの2名でストイックに開催してまいりました。


resize0002インディアナ大学の門、サンプルゲート前。

resize0003
キャンパス内、小川沿いを攻めます。

resize0004
見るからに散歩に最適です。

resize0005
ところどころ工事中。

resize0007
森に来た様に見えますが、大学キャンパス内。

resize0008

resize0011
魚がいるくらいキレイです。

resize0012
ストイックに攻めます。

resize0013
リス!すごくかわいい!78%くらい隠れてるけど!

resize0014
建物がでかい!

resize0016

resize0017
キャンパスな感じが続き、

resize0019
国会議事堂っぽい形の建物が登場。

resize0020
窓のデザインが素敵。

resize0022
キャンパス内のホテル。でかいです。

resize0023
こちらもキャンパス内、 小さな教会。

resize0041

resize0024
シマリス発見!

resize0025Chad Serhalチャドは小型ハンディカムで参加、接写を試す図。
ズームには強いけど接写には弱い模様。

resize0026

私はこの度カメラを新しく購入いたしました、Nikon1 J3
とうとうミラーレス一眼デビュー。早速タイマー機能を使用。

二人だと少し寂しいのでキャンパス内に所々いる銅像と。

resize0027
お腹の丸みとかネクタイの臨場感とかいろいろ素晴らしい作品。

resize0029
三角地帯。

resize0030
建物の装飾が凝ってます。

resize0042

resize0032
サンプルゲート再び。

resize0037そして、Kirkwood AvenueカークウッドアベニューのコーヒーショップSOMAへ。

resize0036暑いのでアイスコーヒーばかり飲んでしまいます。

resize0040果てしなく路駐が続く道。

という感じでまだまだ日は高いですがここで終了。
チャドはこれからバスケをしに行くそうです。

ブルーミントン、本日は日の入りが21:16との事。

SF、少し不思議

明日はyuki kawanaでライブ、
Jacky Boyのニューテープリリースショーにお誘いいただきました、ありがとうございます!

ブルーミントンのインディーズバンドのリリースはもうほぼCDではなく
カセットテープやレコード+MP3ダウンロードコード。

カセットで省スペース、レコードで大きなアートワーク、
けど音楽はスマホとかMP3プレーヤーでお聞きになられますでしょう?
といった事の様です、ふむ。

ヨーロッパや東南アジアオセアニアなんかのインディーズシーンはどんな感じなのでしょうね。

HuluやらNETFLIXやら、とにかくいろいろ見まくり見続け、

とうとうX-Filesまで辿り着きました。

日本での放送は1995年~、ふむ。

20年前の私には、モルダーとスカリーの掛け合いは大人すぎてわからなかったんだなあ、という事がわかったなあ。

そうこうしてるうちに、突然ルーティーンと違う波が来る。

写真部 picture club

私長い事PICマガジン東京写真部に参加しておりましたが、
この度アメリカはインディアナ州ブルーミントンに引越してきてしまったわけです。

しかし、ほぼ皆勤賞だったしせっかくなら何らかの形で参加できたらなぁ、ぽわわわーん。。

と思っておりまして、
オニマガ社長に聞いたら「それ面白いじゃない!」との事で、

ブルーミントン写真部!行ってまいりました。
image

記念すべき手探りでの第一回目「Kirkwood Ave」
カークウッドアベニュー、ブルーミントンのダウンタウンを東西に走るメイン通りです。

今回なんと18時スタート、こちらは20時になってもまだまだ外が明るいのです。
image

先日お伝えしたUEL ZING COFFEEで待ち合わせて賑やかな方向に向かおうかと思っておりましたが、お店のオープン時間が9AM-2PM。すでにしまっておりました。
image

付近集合。全員がカメラを構えるおなじみの光景。
image

image

強い西日の中道端でパシャパシャとります。
image

image

ここで通りすがりのMike Adamsat His Honest Weightのマイクアダムスが登場。もちろん全員から狙われます。
image

image

息子を逆さまにしたりして去ってゆきました。
image

道端にアメリカンサイズで木の枝が落下してます。
image

道端のベンチで休んだり、
image

チェーンを見つけては「ヌンチャクだ!」と持っていこうとするのを宥められたり、
image

ダウンタウンにあるマイクロブルワリーを横目で見つつ通りすぎ、
image

街の中心にあるCourthouseまで来たところで、急激に温度が下がってきて耐えられずナントここで終了。
image

もう少し行く予定でしたが、寒すぎました。
image

UEL ZING付近まで戻りましょう。
image

ニットをまとった木、アートな街です。
image

西日がさらに強まっていきます。
image

まだまだ撮影する方々。
image
image

またブルーミントン写真部お送りしたい次第です。

CHICAGOで

ギターを担いで入国審査、全く笑わないおじさん、

「それなんだ?」ギターです、

「どんな音楽やってるんだ?」えーとロックです、

「どんなロックなんだ」えーとインディーロックでしょうか、

「Show us!(見せろ!)」

( ゚д゚)
こ、ここででづか、

…てなやり取りがありました

どうかビビらせないでください…

東京でYuccaというオルタナミニマルポップバンドでキーボードを弾いて13年目、そしてソロ活動で一人オルタナyuki kawanaとしてやっておる者です。

abcdefg*recordでリリース頂きまして。

代表オニマガさん主宰PIC magazine#9リリースとなりました。

ゴッキーに撮られたドアップのちりめんジワなんて気にしませんが、あまり見ないでください。

前身のメルシーマガジンやP+M magazineの頃から参加させていただいておりましたが、この度アメリカに引越しますので連続参加記録が途切れてしまいます、ざんねん。

しかし、アイルビーバック、と思っておりますぜ。

PICマガジン写真部#09のみなさんの写真を公開しました!