ブルーミントン写真部第四回 The fourth Bloomington Picture Club

ブルーミントン写真部第四回目の模様をお届けいたします。

この週は、Little 500 リトルファイブハンドレッドという自転車レースが開催され、カレッジキッズたちのお祭り騒ぎの残り香が街に散乱してるのではないか、というのを狙い写真部を催行。

この映画を見ると、レースの事やブルーミントンの事がちょっとわかるかも。ホームアローンの泥棒の人が出てたりします。ちなみに洋題は Breaking Away、邦題と全く違います。


集合は皆さんおなじみ Court Houseコートハウス。いい天気。


アンプラグドなヒーターとおしゃれハットが無造作に置かれています。


本日のメンバー集合、出発いたします。今回グラサン率が高く、みなさんちょっぴり刑事風味。


とげとげボールの実。


Function Brewing の前を通ります。


路地裏のグラフィティを狙う人々。


図書館裏のベンチで休憩中の Drekka のマイク発見、記念撮影パシャリ。


チラシやポスターが貼られ剥がされしたであろう電柱を狙ったりして、

先へ進みます。


道端に卓球のラケットが落ちてたり、

すごいレベルの路駐だったり、

ステキな建物を通り過ぎ、

 通りの反対から自転車ショップを狙ったり、

 置いていかれようがお構いなしだったり。

 突如、謎の作品たちが展示されるエリアが出現、

こころなしか現場検証風、

完全に張込みか尾行か何か。

 靴デザインのすべり台の作品もエンジョイします。

 いくらで提供してるかお知らせしないガソリンスタンド、

水を買ったりなんだりでちょっと休憩。アメリカはガソリンスタンドとコンビニがセットです。

 捜査会議風にちょっと休憩し、

先へ向かいます。

 これ!以前もお伝えしたことがある Poison Ivy ポイズンアイビー。街中に結構自然な感じで生えてたりします。葉っぱが3枚組だと要注意。

学生時代住んでいたことのある家を訪れてみたり、

 こちらも。クリスマスリースとスノーマンの置物がまだ置いてあります。もしくは季節を先取りしてます。

こっちの方角に行こうぜ、

 インディアナ大学のキャンパスに向かいます。カフェテリアのテラスがシャレオツです。

ちょっと城っぽい。

 中へ、

 最上階を目指しましたが成功ならず、

建物を後にし、次へ向かいます。

 キャンパス内をうろうろ、

不思議な一角を発見、吸い込まれるようにゲートに近づいていきます。

が、ただ区切られているだけで全く使用用途がわかりません。なぜアーチ型のゲートを作ったのでしょう。

 検証中。

リス!今回はもう少し見えてかわいさ増し!

休憩その2。いい天気で緑もキレイな季節で散歩日和。

 キャンパスを後にします、

 「おーっと、これは誰かがクビになるかもしれないぜ」赤と白の球根に黄色が混じってしまってトラブル発生の図。

 こちらもおなじみ Kirkwood Ave. カークウッドアベニュー。


先に紹介いたしました映画に出てくる自転車チーム、 CUTTERS のTシャツを横目に、

 人気のローカルアイスクリーム屋さんへと引き寄せられていく我々、

アイスクリームフィニッシュ。スプーンを握りしめる顔が本気。

ワッフルコーン派、一名。

 シナモンとカルダモンとチョコレートの「3C」なるアイスクリームと迷いましたが、コーヒーが飲みたかったのでコーヒー味。

よさげなカメラを持っていた通りすがりの方に集合写真をお願いして終了。

という事で、お気づきの方も多くおられるでしょうが、学生が多く住むエリアを徘徊してみましたが、残り香なし。しかしいい天気で絶好の写真部日和でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です