ブルーミントン写真部第三回 the third Bloomington Picture Club

秋晴れの空の下、開催されましたブルーミントン写真部第三回目。
場所はB-Line Trail、のダウンタウンをかすめるあたり。

resize0074全長は5キロほどあるようですが、真ん中らへんの面白スポットがたくさんありげな付近を攻めます。

resize0043自由に試し撮りをしながら待ちます。

resize0044皆さん揃いましたので、出発、

resize0046
さっそく自由に撮り始める人々。

resize0045
写真部でよくある撮る人撮られる人の図、アメリカでも見られます。

resize0047
煙突が見えてきました、

resize0049
昔の工場の建物がブルーミントンの市の関連施設として使われてるあたり。ナイフとフォークに囲まれた謎のどんぶりから麺と魚が飛び出している像の下で撮影する人。

resize0050
ハロウィンイベントも充実している模様。

resize0051
煙突に接近。

resize0048

resize0052
ブルーミントンは紅葉しはじめたところ。

resize0054
毎週土曜日はファーマーズマーケットなんかも開催されている、この辺りを後にします。

resize0053アンティークモールを通り過ぎます。

resize0055
なんだか花が打ち消されてます、消し方も大胆です。

resize0057
自由に撮影を続ける人々。

resize0056
綺麗な青空の下、

resize0060
自由に撮影が続きます。

resize0059
ジャイアンツハットで参加の方。

resize0061
ブルーミントンには流行りのwholefoodsはございませんが、ローカル発祥のBloomingfoodsブルーミンフーズがございます。しばし休憩。

resize0062
ローカル推し

resize0063
Itoen伊藤園のお茶を発見

resize0064
おやつにリンゴをかじる人。アメリカのリンゴは日本のと比べると小ぶりでツヤツヤしてます。

resize0065
再び歩きはじめます。謎のオブジェに遭遇。

resize0066
裏通りからCourthouse市庁舎を狙う人。

resize0067
スマイルで通り過ぎ、

resize0068

resize0069
引き続き自由に撮影が続きます。
道路を渡るブルーの三角が目印の陸橋を過ぎ、

resize0070
ずんずん歩いて、

resize0071
この辺りはまだまだ緑でした、

resize0072
緑の中、ご家族と電話中

resize0073
謎の建物、

resize0075
スーパーKrogerを通り過ぎ、

resize0076
自転車で併走する娘と頑張る父を見送っていると、

resize0077
廃墟が出現。吸い寄せられるように近づいていきます。

resize0078
さっそく謎のドアへ入る人。

resize0079

resize0080
映画みたい。

resize0081
こちらも謎のドアに入る人。

resize0095
集合写真を撮ったり、

resize0082
内部を隠し撮りしたりして、

resize0085
B-Line Trailに戻りちょっと歩くと、見えてきました、

resize0086
Hopscotch Coffeeホップスコッチコーヒー。人気のコーヒーショップです。

resize0087
中もステキ。本日はJacky BoyとかMoor Houndのスティーブが働いておりました。
wifiもあるので、仕事したり勉強したり、テラス席でゆっくりおしゃぺりしたり、各々くつろいでおりました。満席。

resize0088
看板の謎の絵。

resize0089
我々は席がないので、

resize0090
道端に腰掛ける人々。Bライントレイルをジョギングしてたお知り合いと立ち話が始まったりします。

夜は第二回大統領候補ディベートを見るパーティーがある為、
こんな感じで美味しいアイスコーヒーなどを飲みながら終了。

写真部の前の既に別の会で3時間ほど歩いてきたメンバーがいた為、Uberで駐車場まで戻るという技を使いました。

本格的な紅葉まであとちょっと。真っ赤になるのが楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です