ブルーミントン写真部第六回 The sixth Bloomington Picture Club


今回はブルーミントンからちょっと遠出して、アメリカで5番目か6番目くらいにコンテンポラリー建築で有名な、インディアナ州コロンバスへ。写真左手の旗は、上からアメリカ国旗、インディアナ州旗、そして今回の街コロンバス。

有名な建築家の建物や有名な芸術家の作品が街の至る所にたくさんあります。ありすぎて紹介しきれないので気になる方はぜひコロンバスのウェブサイトをチェックしてみてください。

 


ブルーミントンから車で一時間弱。さっそく赤いデザイナーズ陸橋がお出迎えしてくれます。

 期間限定で街中にモダンアート作品が展示中でした。見つめあう緑パーカーチーム。


アメリカで最も古いモダン建築教会の一つとされております First Christian Church。フィンランド生まれの建築家、エリエル・サーリネン Eliel Saarinen のデザイン。


ドアまで素敵。


お向かいのイオ・ミン・ペイ I. M. Pei デザインの図書館前のアートへ向かいます。


木のデッキは期間限定アート。おっきな銅像はイギリスの彫刻家、ヘンリー・ムーア Henry Moor 作。みなさん自由に撮影中。


作品にのぼって過ごしたり。


こちらは Columbus コロンバスの C モチーフの自転車停め。どんどん登ります。


ビジターセンターのサインもCデザイン。

地図を手に入れ、街をどうやって歩き回るか作戦を立てる人。

 ショップもありました。おみやげを手に入れた人。


街歩き開始。

 こちらの猫は Miss Sassy サシーさん。貼ってあった紙によると、サシーさんは道行く人からHi!と挨拶されるのが好きらしい。


Irwin Conference Center。もともとはアメリカ初のガラス張り銀行として建てられた建物とのこと。First Christian Church のエリエル・サーリネンの息子、エーロ・サーリネン Eero Saarinen のデザイン。セントルイスのゲートウェイアーチとかも、チューリップチェアとかも、いろいろ。


街中のアートは大きくて見ごたえあります。


通りを歩いていると、


日本語が書かれたレンガの道を発見。「The bricks that form this walkway are a gift of friendship from mayor Michio Tsukamoto and the citizens of Miyoshi JAPAN
この小道のレンガは友好の印として愛知県三好町の塚本三千雄町長ならびに町民から寄贈されたものです」

みよし市のウェブサイトによると、1998年に三好町で町民にレンガの購入を呼びかけ、購入者の名前等を刻印して贈ったとのこと。遠い外国の街で、自分の名前が刻まれたレンガの道が出来てるなんてちょっとワクワクします。


お腹がすいたので Commons Mall コモンズモールへ向かいます。


The Commons Playground 、お子さんたちがのぼりの登ってます。e


Subway のお姉さん、職人技で長ーいサンドイッチを半分に切ってくれて、HIS 、Hers、と書いて渡してくれました。ありがとう。


のぼりに登った写真部キッズ部員の勇士を眺めながらランチタイム。

Bartholomew County Courthouse  バーソロミューカウンティコートハウス 、


のお隣の Memorial for Veterans へ。ソルジャーたちが亡くなる直前に近しい人に宛てた最後の手紙が刻まれています。

こちらは Columbus City Hall。


真ん中に立つと全部のガラスに姿が映って面白いです。


街中に戻ります。面白いデザインのドア。


アートを見つけたら入らずにはいられない人。


お昼食べるまで我慢しておりましたアイスクリームパーラーへ向かいます。

Zaharakos ザハラコス、1900年創業。10年位前にリノベーションしたそうですが、木とかそのまま当時のもののようです。


店内はキラキラで温かい雰囲気。展示スペースもあり昔現役だったソーダファウンテンやらレジやら見ることができます。


アイスがおいしかったので小躍りする人。


ご満悦。アイスを食べ歩きながら車へ戻ります。

サシーさんの住んでるビル前を通ったのでご挨拶に寄ってみましたが、


お休み中でした。手が交差しててかわいいなあ。


車で移動、Mill Race Park へ向かいます。


公園内の Covered Bridge カバードブリッジ。屋根付き橋。インディアナには多いらしい。車のナンバープレートのデザインにもなるくらい。

 公園内のグリーンのトンネル、Structural Follies。


パワーを感じている風。

写真撮ったり、木のつるを調べたり、みなさん思い思いに過ごします。


朝は曇ってたけど次第に秋晴れに。


時計台。よく見ると窓にローマ数字の格子があり、その右一列の電球とあわせて時間をお知らせしてくれる仕組みらしいのですが、この日はその電飾を修理中。


上の何かを狙う人。

コロンバスの街を流れるフラットロック川。


結婚式の写真撮影のブライズメイズとグルームズマンの一行を上から狙います。

 Hamilton Center Ice Arena、アイススケートリンクへ。


どこからどう狙ったらいいのやら、おもしろいデザインの建物です。

 暖炉も完備、四本八方からあたれます。


正面玄関にあったライトと同じデザイン。天井も高くてかっこいいです。


ちびっこが持ってるカラフルなスケート補助器がうらやましい。

 スケート場を後にし、向かった先は


UFO みたいな教会、North Christian Church。こちらはセントルイスアーチとかのエーロ・サーリネンさんのデザイン。


今日はクワイアのコンサートがあるようで、目の前にバン。デザインが大胆ですね。


ダメもとでちょっと中を見せてもらえるか聞いてみたところ、

中のホールはリハーサル中だからダメだけど、周りをぐるっと囲む通路と小部屋、そして正面からぐるっと回りこんだ祭壇真後ろの洗礼を受ける場所とを案内してもらえました。椅子とかドアとか、いろいろデザインが素敵でした。


教会敷地内の芝生エリアにあるアート作品を鑑賞し、終了。

 

インディアナ州コロンバス、建築マニアやモダンアート好きにはたまらない街なのではないかと思います。マニアでなくとも、芸術の秋の街歩きにピッタリでした。

8月
ジェーさんのツアー滞在先のLouisville, KYまでドライブ、日食を見る。
木漏れ日が日食の形になっててびっくり。眼鏡どっかで手に入るだろうと街を練り歩くも、みんなすでに手にしていて配ってる様子はなく、しばらく皆既日食眼鏡ジプシー。でしたが、親切にもツアーバンドの方々が貸してくださいまして、無事本チャンを見ることができました。

9月
ジェーさんが戻った。そしUberドライバーをはじめました。私は毎日ESLクラス。どの動詞が不定詞をとるのか動名詞をとるのかっていう感じのところをひたすらやっているこの頃。

先日乗用車より一回りくらいでかいゴミコンテナDumpsterがドライブウェイに届く。次の日からジェーさんは伸びに伸び切って横に広がりまくってた低木の枝をすべてカット。家のすぐ横の低木だったはずの庭木の枝もすべてカット。アメリカのDYIっぷりはすごい。来週は庭の事する会社の人らがきて根っこを全部撤去して、芝をやり直す予定。

ブルーミントン写真部第五回 The fifth Bloomington Picture Club

ブルーミントン写真部第五回。今回は 2017 Monroe County Fair モンローカウンティフェアへ突入。夏祭り的な。

だだっ広い何もない所に車を並べて停めていくシステム。ワイルド。


にぎやかな方へ向かいます。

見えてきました……BEEFだと?


何かにおうぞ。

突入準備

 ドンドンドーン、牛牛牛。なんだかおめでたい気分。

ということで、ここは牛舎でした。2ケツを狙う人。

 素早いモーションで狙う人。

 クモのおもちゃのいたずら。たぶん右の男の子がテグスで操ってる犯人。表情が物語っております。

牛ってでかいんだなあ。あとかわいいなあ。いつも美味しくお世話になってます、ありがとうございます。

 牛用巨大扇風機。

 みんな恐れることなくナデナデしてます。私は勇気がなかったぜ。

 牛を見つめる人。

 たくさんアメリカンな屋台が出てます。

羊舎は準備中か何か。ざんねん。

 アメリカンな屋台の屋根。パステルカラフル。

トレーラー屋台のサイドにはワイルドなスカルヘッド。

 山羊舎に突入!

 ローアングルから狙う人。

 山羊座なので勝手ながら親近感がわきます。

 こんにちは。

たくさんおりました。

 でっかいアメリカ国旗を掲げるためにクレーン車を使用する図。

お知り合いとバッタリ。BBQトレーラーで参加中の模様。

 買い食い開始。ちょっと浮かれたショットを撮るお二人を狙う図。

 ポーリッシュソーセージというもの。ホットドックみたい。おいしかったです。

 バンドなんかも演奏しちゃったり。

Elephant Earsエレファントイアー。象の耳のように平べったいでっかい、シナモンシュガーのかかった甘い食べ物、のカウンターなのですが閉まっておりました、ざんねん。

 でっかい屋内、企業ブースのコーナー。ローカル企業とかソーシャルサービスやらいろいろ。ぐるっとひとまわり。

 「オレ今度立候補するからよろしくね」的なグループもおりました。工務店っぽいブースで配ってた36インチ定規を持っている我々。

 実は、この日はまだフェアのメインイベントともいうべき乗り物たちが来ておりませんでした。見たかった。撮りたかった。

 右の芝生一帯が、ギラギラの電飾の観覧車やらコースターやら、ゲームやらでいっぱいになる予定地。

 長い棒持ったらみんな遊びたくなる図。

 買い食いタイム。なんとオレオフライ。Deep Fried OREO。

見た目シイタケの天ぷらのようです。おいしかったです。

 今回の私的メインイベント、Pork Tenderloin Sandwichポークテンダーロインサンドイッチを食べる瞬間がやってまいりました!はみ出し方が大胆です。

 せっかくなので測ってみました、約7インチ。約18センチ。

 狙いがいがあります。フォトジェニックです。スーパー美味しかったです。

ウサギ舎へ。どうしよう、みんなすごくカワイイ。

 ちょっとまるいタイプ。かわいいすぎる。

 日本でいうところの雪うさぎタイプ。かわいいすぎる。

 ピーターラビットタイプ。かわいすぎる。

 仲良く餌を食べる穏やかタイプ。かわいいすぎる。

ワクワクが止まらず、うさぎを撮りまくってしまいました。

 おちつけ、と言わんばかりのにわとり舎にて。立派な鶏がたくさんおりました。

 ベンチの謎の写真を狙う人。

てな感じで、今回はハウスメイトメンバーでお届けしました。この時点ですでに夜8時を回っておりますが、まだまだ明るいです。

友達のライブにギリギリ間に合いそうだったので急いで会場へ。IPAで乾杯にて終了。

6月
ESLクラスは夏季講習期間。通常クラスで見ない方たちだらけ。

今月いっぱいで州外に引越が決まってるチェンマイ出身のクラスメイトMaewちゃんと、茨城出身の夫と、英語・タイ語・北関東なまり風日本語、多言語をあやつる3歳の息子。そしてひょんな事から決まった東京からのゲスト坂口喜咲ちゃん。目一杯遊んでもらう。
アメリカンスーパー巡り、コーヒーショップ、日本語会話、Karaoke night、湖のビーチとBBQ、アメリカン料理よりタイ料理の方が食べた回数多い件、ミニセッション、そしてきさちゃんライブ。

月末はMaewちゃんお引越。ちょっぴりさみしいけど、また遊びに行く場所が増えたということで。
そして東南アジアも、今まで行く勇気がなかったけど、いつかチェンマイに、いつか。

7月
今はもう7月。夏期講習も終わり、連んでた友達も引っ越してしまった。HuluからNetflixに乗り換えたわたくしはCSIをとうとう見始め、ディオニュソスとバッカスの違いを考えたりしながら、庭に来るウッドチャック兄弟を見て今日もほくそ笑む。

芝刈りせねばな。

3月から ESL に通っております。
English as a Second Language 、外国人の為の英語のプログラム。

外国で、日本人とイングリッシュスピーカーと一緒になった時に、人様の国で日本語ではいけないような気もして、しかし英語はもちろんよく話せるわけでもなく、出てくる言葉もバランスも失った瞬間を感じた出来事がありまして。

英語のクラスに通い始めて、他の国から来てるという同じ立場のノンネイティブな方々と話す機会のおかげで、自分の口から英語が出てくることへの抵抗が減ったなあと。ありがたいです。まだまだブロークンイングリッシュですが。

そんなこんなでクラスも終わり帰ろうとしましたら、人生初、車にキーのとじ込みをしてたことが判明。
ジェーさんに鍵のお店に電話してもらい、バンで乗り付けた犬連れのおばちゃんが登場。犬氏がフリスビーを持ってきて遊びをねだってる間にちょちょいと開けてくれて、無事帰還。

ブルーミントン写真部第四回 The fourth Bloomington Picture Club

ブルーミントン写真部第四回目の模様をお届けいたします。

この週は、Little 500 リトルファイブハンドレッドという自転車レースが開催され、カレッジキッズたちのお祭り騒ぎの残り香が街に散乱してるのではないか、というのを狙い写真部を催行。

この映画を見ると、レースの事やブルーミントンの事がちょっとわかるかも。ホームアローンの泥棒の人が出てたりします。ちなみに洋題は Breaking Away、邦題と全く違います。


集合は皆さんおなじみ Court Houseコートハウス。いい天気。


アンプラグドなヒーターとおしゃれハットが無造作に置かれています。


本日のメンバー集合、出発いたします。今回グラサン率が高く、みなさんちょっぴり刑事風味。


とげとげボールの実。


Function Brewing の前を通ります。


路地裏のグラフィティを狙う人々。


図書館裏のベンチで休憩中の Drekka のマイク発見、記念撮影パシャリ。


チラシやポスターが貼られ剥がされしたであろう電柱を狙ったりして、

先へ進みます。


道端に卓球のラケットが落ちてたり、

すごいレベルの路駐だったり、

ステキな建物を通り過ぎ、

 通りの反対から自転車ショップを狙ったり、

 置いていかれようがお構いなしだったり。

 突如、謎の作品たちが展示されるエリアが出現、

こころなしか現場検証風、

完全に張込みか尾行か何か。

 靴デザインのすべり台の作品もエンジョイします。

 いくらで提供してるかお知らせしないガソリンスタンド、

水を買ったりなんだりでちょっと休憩。アメリカはガソリンスタンドとコンビニがセットです。

 捜査会議風にちょっと休憩し、

先へ向かいます。

 これ!以前もお伝えしたことがある Poison Ivy ポイズンアイビー。街中に結構自然な感じで生えてたりします。葉っぱが3枚組だと要注意。

学生時代住んでいたことのある家を訪れてみたり、

 こちらも。クリスマスリースとスノーマンの置物がまだ置いてあります。もしくは季節を先取りしてます。

こっちの方角に行こうぜ、

 インディアナ大学のキャンパスに向かいます。カフェテリアのテラスがシャレオツです。

ちょっと城っぽい。

 中へ、

 最上階を目指しましたが成功ならず、

建物を後にし、次へ向かいます。

 キャンパス内をうろうろ、

不思議な一角を発見、吸い込まれるようにゲートに近づいていきます。

が、ただ区切られているだけで全く使用用途がわかりません。なぜアーチ型のゲートを作ったのでしょう。

 検証中。

リス!今回はもう少し見えてかわいさ増し!

休憩その2。いい天気で緑もキレイな季節で散歩日和。

 キャンパスを後にします、

 「おーっと、これは誰かがクビになるかもしれないぜ」赤と白の球根に黄色が混じってしまってトラブル発生の図。

 こちらもおなじみ Kirkwood Ave. カークウッドアベニュー。


先に紹介いたしました映画に出てくる自転車チーム、 CUTTERS のTシャツを横目に、

 人気のローカルアイスクリーム屋さんへと引き寄せられていく我々、

アイスクリームフィニッシュ。スプーンを握りしめる顔が本気。

ワッフルコーン派、一名。

 シナモンとカルダモンとチョコレートの「3C」なるアイスクリームと迷いましたが、コーヒーが飲みたかったのでコーヒー味。

よさげなカメラを持っていた通りすがりの方に集合写真をお願いして終了。

という事で、お気づきの方も多くおられるでしょうが、学生が多く住むエリアを徘徊してみましたが、残り香なし。しかしいい天気で絶好の写真部日和でした。

旅の切り取り

12月終わりから2月半ばの模様をお届け。

フランスの街角、Gambetta駅前。ガンベッタ。滞在先はair bnbで。隣の部屋の年越パーティーがスーパーうるさくてびっくりして起きる。


ローマのどっかの食堂。パスタがもちもちでシンプルで、ピザもサクッとシンプルで、スペシャルでなはないけどおいしくて、なんだかうれしかった、これがイタリアンかと。

今回は一週間のJapan Rail PassでJRを乗りまくりました。しかし残念ながら2017年4月以降、日本のパスポートを持ってる方は海外居住者であっても適用外になってしまうそうで、最初で最後のジャパンレイルパス。


名古屋滞在、オニマガ家と共に初お伊勢参り。JR快速みえ利用。下りたそばから外宮前参道で食べまくり。外宮は神様のご飯の神様が祀られているという事で、良しとする。


せっかく撮ってるのに寄ってくる人。岡山駅には岡本太郎さんの壁がありました。渋谷駅の作品みたいに大きくないけど、タイルで豪華。カラフルでポップ。


ジェーさんが初めての来日で訪れたという思い出の岩国。残念ながら錦帯橋を渡った先のロープウェイが点検休業中。私は橋中程のポケストップに初めて自分のサンダースを置いた。


宮島フェリーで厳島へ。まずカキオコを食し、もみじ饅頭を買い食いし、宮島珈琲で休憩。厳島神社では干潮だったので鳥居のふもとまで歩く。靴はちょっと汚れてしまった。


朝から錦帯橋と厳島とまわってきて、資料館の時間には間に合わなかったけど、原爆ドームと夕日を見る。


大阪駅から通天閣まで歩く。商店街に迷い込み、おばちゃんに勧められるがままマグロカツを買い食い。夜はshe border pictureのユウちゃんとシンヤくんとしこたま飲んでカラオケ突入。


京都でローレンスと久々の再会。アラビカコーヒー美味しかった。そして気になっていた随求堂の胎内めぐりへ。目をつぶっても開けても暗闇。生まれ変われたかな。


お昼ご飯で途中下車、神戸の中華街、南京町で買い食いしまくる。ゴマ団子も、豚の角煮まんも、白湯麺も、全部おいしかった。という事で、胃のキャパ更新。

福岡。まず豚骨ラーメン長浜屋。次の日は明太子食べ放題ランチの博多もつ鍋やまや。前夜前を通って気になっていた商店街中ほどのゲストハウスのバーでインターナショナルな夜を過ごす。


沖縄、初めて久高島へ。レンタサイクルに乗りながら肩越しに狙い、ピンボケのジェーさんとちえみジョーンズさん。帰りの高速船で大揺れに揺れて乗客の女性の方が宙を舞う事件。


東京、はいろいろありすぎて収まらんですが、確かに居りました。神宮前交差点を渡る人。


バルセロナ。Ryo Hamamotoに聞いて「サグラダファミリアの東のマーケット内のラッセルクロウ的な雰囲気の愛想のない兄ちゃんのやってるバル的な」店へ。感動的に美味しかった。


ストックホルム滞在。初めて氷の上を歩く。本当に歩けるんですね。映画みたいだ。Mika Ohmori夫妻と雪の中森へ分け入り、湖畔で焚き火、ホットドックを焼く。


ニューヨーク。Ivan Ramenで、SPICY RED CHILI RAMENが運ばれてきて「これをオーダーした勇気のある者は誰だ」と。はい、私です。

おにまい

ブルーミントン写真部第三回 the third Bloomington Picture Club

秋晴れの空の下、開催されましたブルーミントン写真部第三回目。
場所はB-Line Trail、のダウンタウンをかすめるあたり。

resize0074全長は5キロほどあるようですが、真ん中らへんの面白スポットがたくさんありげな付近を攻めます。

resize0043自由に試し撮りをしながら待ちます。

resize0044皆さん揃いましたので、出発、

resize0046
さっそく自由に撮り始める人々。

resize0045
写真部でよくある撮る人撮られる人の図、アメリカでも見られます。

resize0047
煙突が見えてきました、

resize0049
昔の工場の建物がブルーミントンの市の関連施設として使われてるあたり。ナイフとフォークに囲まれた謎のどんぶりから麺と魚が飛び出している像の下で撮影する人。

resize0050
ハロウィンイベントも充実している模様。

resize0051
煙突に接近。

resize0048

resize0052
ブルーミントンは紅葉しはじめたところ。

resize0054
毎週土曜日はファーマーズマーケットなんかも開催されている、この辺りを後にします。

resize0053アンティークモールを通り過ぎます。

resize0055
なんだか花が打ち消されてます、消し方も大胆です。

resize0057
自由に撮影を続ける人々。

resize0056
綺麗な青空の下、

resize0060
自由に撮影が続きます。

resize0059
ジャイアンツハットで参加の方。

resize0061
ブルーミントンには流行りのwholefoodsはございませんが、ローカル発祥のBloomingfoodsブルーミンフーズがございます。しばし休憩。

resize0062
ローカル推し

resize0063
Itoen伊藤園のお茶を発見

resize0064
おやつにリンゴをかじる人。アメリカのリンゴは日本のと比べると小ぶりでツヤツヤしてます。

resize0065
再び歩きはじめます。謎のオブジェに遭遇。

resize0066
裏通りからCourthouse市庁舎を狙う人。

resize0067
スマイルで通り過ぎ、

resize0068

resize0069
引き続き自由に撮影が続きます。
道路を渡るブルーの三角が目印の陸橋を過ぎ、

resize0070
ずんずん歩いて、

resize0071
この辺りはまだまだ緑でした、

resize0072
緑の中、ご家族と電話中

resize0073
謎の建物、

resize0075
スーパーKrogerを通り過ぎ、

resize0076
自転車で併走する娘と頑張る父を見送っていると、

resize0077
廃墟が出現。吸い寄せられるように近づいていきます。

resize0078
さっそく謎のドアへ入る人。

resize0079

resize0080
映画みたい。

resize0081
こちらも謎のドアに入る人。

resize0095
集合写真を撮ったり、

resize0082
内部を隠し撮りしたりして、

resize0085
B-Line Trailに戻りちょっと歩くと、見えてきました、

resize0086
Hopscotch Coffeeホップスコッチコーヒー。人気のコーヒーショップです。

resize0087
中もステキ。本日はJacky BoyとかMoor Houndのスティーブが働いておりました。
wifiもあるので、仕事したり勉強したり、テラス席でゆっくりおしゃぺりしたり、各々くつろいでおりました。満席。

resize0088
看板の謎の絵。

resize0089
我々は席がないので、

resize0090
道端に腰掛ける人々。Bライントレイルをジョギングしてたお知り合いと立ち話が始まったりします。

夜は第二回大統領候補ディベートを見るパーティーがある為、
こんな感じで美味しいアイスコーヒーなどを飲みながら終了。

写真部の前の既に別の会で3時間ほど歩いてきたメンバーがいた為、Uberで駐車場まで戻るという技を使いました。

本格的な紅葉まであとちょっと。真っ赤になるのが楽しみです。

NETFLIXでDexter見たり、Kindle Unlimitedで死後の世界の話とか心霊コミックとか読みあさったりして怖くなったりしてたら、気づいたら7月8月が過ぎていました。

先日、Labor Dayという祝日に庭でBBQをしたのですが、
お友達が「Poison Ivy生えとるよ、危ないぜ」と教えてくれました。
ポイズンアイビー、日本語だとツタウルシ。
東京じゃそうそう見かけませんが、北米はポイズンなんちゃらという
ひどくかぶれるシリーズの草木がブイブイいわしてるそうです、
知らなかった。ウルシオールだか何だか、植物の汁なのか油なのかが皮膚に浸透してしまうと、ひどい方は真っ赤になって腫れて爛れてグズグズにかぶれてしまうという。。アレルギーの一種らしいのです、ほう。

日中の日差しはまだまだ強いですが、随分と朝晩涼しくなってまいりました。

4th of Julyフォースオブジュライ、アメリカの独立記念日のパレードがありました。残念ながら雨の中のパレードとなりましたが、
お友達のバンドBusman’s Holidayが、
次のミュージックビデオの為に人々を募り、
全員ハットに髭に黒タイつけて、リンカーンの仮装をしてパレードに参加してました。髭ジャグバンドThe Worthlessを思い出しました。

当時の日本でのブームの事は全く覚えてないのですが、とにかく
ツインピークスを見ております。
デヴィッド・リンチ作品、理解できないあるがままを表すというか、
シュルレアリスム的というか、
ブックハウスボーイズ結成しちゃうところとか、
デイヴィッド・ドゥカヴニーのデニースの美脚とか、
いいですね。

日本からアメリカ人のお友達ジョンさんが、
アメリカの日本人の私のところに遊びに来ました。
コーヒーショップをプラプラしたり、ファーマーズマーケットに行ったり。
仕事したりDVD見たり。
ゆっくりしたい皆様、お待ちしております!

先日ブルーミントンは嵐に襲われまして、
半日停電しておりました。
二軒隣の家の裏庭のでかい木が倒れて
電線の中腹にワサーッとなっておりました。
冷凍ピザが解凍されてしまったので、
急きょピザ祭り開催となりました。